JIN

学生の声

○○大学 Aさん

 短い期間ではありましたが、社内会議や社長主催の昼食会への参加、店舗での接客、働いている社員さんへのインタビュー、役員に対するプレゼンなど、大手企業のインターンにはない、貴重な体験をさせていただきました。
 特に、最終日に行われた社長や常務に対するプレゼンでは、「売れる店とはどんな店か」「会社に何が欠けているか」といった題材で、私なりの考えを発表させていただきました。あまりの緊張で、言葉に詰まってしまい、思うようなプレゼンができませんでしたが、こうした経験は、私にとって良い刺激となり、自分自身を見つめ直す、良い機会にもなりました。
 夏期も「城南インターンシップナビ」を通じて、インターンシップに参加したいと思います。素晴らしい経営者の方々の話を聞き、また、実際の体験から、働くことの厳しさや楽しさなど、たくさんのことを学んで、自分自身を一段と高めていきたいと思います。

○○大学 Bさん

 中小企業のインターンシップに参加させていただきました。
 報告、連絡、相談の重要性について、頭では理解していたのですが、私を一人の社員として扱っていただく中で、実際の仕事を通じて、このビジネスマナーが如何に大切であるかについて、身をもって体験できたことが何よりも収穫でした。
 同時に、中小企業ならではの家族的な雰囲気の中で、社長を始め、人生経験豊富なたくさんの方々とお話をさせていただく機会に恵まれ、人としても成長できたのではないかと思っています。
 正直、朝が早く、辛いこともありましたが、本当に良い経験となりました。ありがとうございました。

○○大学 Cさん

 インターンシップを終えて、仕事をするうえでは、資格や知識も重要ですが、やはり経験に勝るものはないと感じています。
 我々大学生は、専門的な学業に励む一方で、もっと積極的に社会に出て、「働くとはどのような意味があるのか」「人と人とのかかわりはどうあるべきか」「社会はどう動いているのか」ということを、実際の体験から学ぶべきだと思いました。
 大学生活も残りわずかですが、夏期のインターンシップにも参加させていただいて、たくさんの人と出会い、多くのことを学ばせていただきたいと考えています。